FPが選ぶガン保険を勝手にランキング2017

日本人の二人に一人が罹患する国民病『がん』

女性は比較的若い20〜40代にかけて、男性は40代〜高齢にかけてかかりやく、

働いている世代だけでも三人に一人がガンと生きています。

 

ガン治療はやっつけるから、共に生きるへ

がん治療について検討する際に知って欲しいのは

治療方法は日々増えており、健康保険の適用になるもの、適用にならないものがあります。

健康保険の適用の範囲でのみ治療をする場合には3割負担。

そして高額療養費制度を利用可能です。

 

一方でカラダへの大きな負担や副作用への懸念から自費(自由)診療を選ぶケースも少なくありません。

特に困ったことに抗がん剤、放射線治療の専門医が国内で患者数に比べて少なすぎる問題があります。

このために地元の病院ではなく、専門医がいる遠方の病院まで通う選択肢を選ぶ方もいます。

 

そのため『がん治療』への備えは次の三点について考える必要があります。

①保険診療

②自由診療

③収入ダウン

 

今回、勝手にランキングを行うのはこの3ジャンルの『がん保険』です。

 

がん保険(保険診療重視型)ランキング

順位 保険会社 商品名 選定理由
1位 チューリッヒ生命 終身ガン治療保険プレミアム 手術・抗がん剤・放射線治療の三大治療を受けていると

給付金が毎月受け取れるというのが主契約で、差額ベッド代や先進医療、通院、がん診断給付金などについては特約でカバー。

 

既に医療保険にご加入の方ががん保障だけを手厚くする場合には主契約のみのプラン。

医療保険に加入せずがん保障を手厚くしたい方は特約を組み合わせたプランで加入するなど自由度が高い。

 

再発や転移が気がかりな病気だけに支払い回数無制限も嬉しいポイント。

付帯サービスでT-PECも利用可能。

2位 メットライフ生命 Guard X 主契約は三大治療をしている場合に一年に一度、最大5回(または10回)まで一時金を受け取れるプラン。

まとまったお金を受け取ることで治療費、収入ダウンの両方に備えられる。

回数に上限を設け、かつ三大治療を支払い要件としているので割安な保険料に。

付帯サービスは人気のT-PECを含むMetlife Clubで映画やレジャー施設の優待割引。女性の相談先として女医による『乳がんコンシェルジュ』なども付帯。

 

3位 FWD富士生命 新がんベストゴールドα  初回はがんと診断されるだけで一時金、2年ごとに入院または通院をしていると回数無制限で一時金が受け取れる。

一時金タイプなので治療費にも、収入ダウンにも備えられる。

付帯サービスT-PECで契約者はセカンドオピニオンサービスも利用可能。

次点 あんしん生命保険 メディカルキットNEO…特定治療支援特約III型が一年に一回通算5回まで給付となる。特定疾病はがん・心疾患・脳血管疾患・慢性腎不全・肝硬変・糖尿病の三大合併症と保障範囲も充実。

 

がん保険(自由診療・現役時代重視型)ランキング

順位 保険会社 商品名 選定理由
1位 SBI損保 がん保険(自由診療タイプ) 差額ベッド代を除く、かかった治療費が全額補填される1年更新のがん治療保険。

国内で受けられる治療は原則としてほぼ全てカバー。

但し、更新のたびに保険料は高くなっていく。

2位 セコム損保 メディコム 通院・入院、保険診療・自由診療・先進医療を問わず実費負担してくれるがん保険。

損害保険商品のため、一年ごとの契約更新で保険料はどんどん高くなっていくので現役時代のごく短い期間だけの備えとして加入を検討してみては。

3位 オリックス生命 WITH定期型 保険料が値上がりするのは嫌だ、でも現役時代のがん治療に対する備えは充実させたいという方にオススメなのが定期型のWITH。

がんは診断のみで支払われるので子供が大きくなるまでなど期間を区切って500〜1000万円の保障額で加入するのも一つの選択肢です。

一度受け取ると保険は消滅します。

支払い要件は【がん・急性心筋梗塞・脳卒中・死亡・高度障害】

次点 ソニー生命 生前給付保険(生活保障型・逓減定期Ⅱ型)…3位WITHと同様に期間を区切っての保障として。保障範囲がガンだけでなく幅広いので、2017年春に発売開始された逓減LBII型で備えるのも。FP自身はこれに加入1,000万円備えています。

 

がん保険(収入ダウン補填型)

順位 保険会社 商品名 選定理由
1位 ソニー生命 三大疾病収入保障保険  5年確定年金タイプ、満了まで支払われるタイプが選べる。

ちなみに受け取る前に被保険者が亡くなっても受け取れるので結構支持されています。

2位 アクサ生命 がん収入保障 ソニーの三大疾病収入保障保険と良く似た業界的には非常に珍しいがんだけの収入保障保険。

がん治療中などの収入ダウンに備える。

あと少しの保険料で保障範囲が三大疾病に広がるソニー生命の商品があるので2位に。

3位 オリックス生命 WITH(特定疾病保障保険)定期型 自由診療重視型でもランクインしましたが、こちらでも。

一時金タイプなので治療に使っても収入ダウンの補填に使ってもOK

次点 ソニー生命 生前給付保険(生活保障型・逓減II型)…この保険、本当に使えるシーン(保障範囲が広くて)どのジャンルでも惜しいポジションに入るんですよね。一点だけの保障ではなく、幅広くカバーするのが大切なので個人的に気に入って加入しています。

 

がん保険(貯蓄性重視型)

順位 保険会社 商品名 選定理由
1位 あんしん生命 がん診断R 同社メディカルキットRの「がん診断保険」版。70歳まで使わなければ主契約が全額100%戻ってくる。

同額を払い続ければ、払い続けている限り保障は続く終身払タイプ。

がんと診断された場合、2年に一度契約のがん診断給付金を受け取る。

ホルモン剤治療など細かな保障は特約(掛け捨て)で付加可能。

 

保険料全額が介護医療控除とならない点は注意。

2位 ソニー生命 生前給付保険(生活保障型) 幅広い保障範囲で支持されているソニー生命の生前給付保険(通称LB)。

保険金はいずれか一度支払われると消滅する。

返戻率重視の米国ドル建、為替の影響を気にしなくて良い円建を

終身型で選ぶだけでなく、長期保障の定期型で払込期間を短払にすることで加入年齢にもよるが70〜90%近い返戻率にすることも。

3位 プルデンシャル生命 がん診断給付保険 保障期間終身、保険料払込期間をできるだけ短くすることで払込総額以上に解約返戻金が増えるタイプ。

死亡時は解約返戻金相当額を死亡給付金として、がん診断は1回のみの支払いで消滅する。※上皮内がんは10%のみ。その後、がんと診断されると残りが支払われる。

次点 マニュライフ生命 こだわり外貨終身…貯蓄性の高い終身タイプ。三大疾病で所定の状態になると保険料払込免除となり、解約返戻金が立ち上がる珍しいタイプ。外貨資産を分散として積み立てながらがん保障も兼ねるならアリ。

 

まとめ

各社特色ある保障を競って出し合っていますが、気をつけて欲しいのは「ガン」だけが経済的なリスクではないという点です。

二人に一人はガンにかかるというのは確率として非常に高いように思えますし、実際に高いのですが言い換えれば半分の人はガンにならないのです。

その他の病気や怪我などで働けなくなることもあります。

身内でがんにかかった人がいる、または外食(お弁当)が多い方、野菜の摂取の少ない方、塩分の摂取量が多い方、お酒が好きな方、タバコを吸う方などガンにかかりやすい人が特に手厚く備えようとした場合に出てくるのがガン保険です。

三大疾病などの特定疾病への備えなどと同様に他の保険とのバランスを考えて加入しましょう。

このランキングはこのジャンルだけをカバーすることを前提にランキングとしています。

 

また保険診療重視型でご紹介のトップ3は全て無料の付帯サービスT-PECが付いており、主治医から提示された治療法が本当に自分に合っているのか相談したりできる付いているのも心強いと喜ばれています。

保障内容だけでなく、命にも関わることだから後悔したくないという想いが感じられる結果だと思います。

関連記事

  1. 日本人の給与が増えない原因は社会保障にあった🤭

  2. 資産形成と資産運用の違い〜貯金ができない人はつみたてNISAでも資産形成できない

  3. NISA・つみたてNISAには出来ない!変額保険の繰り入れ比率を下落時こそ見直そう!

  4. 新健康のお守りハート(限定告知医療保険)★

  5. 干支から考える経済動向12年前と2018年

  6. ドルコスト平均法はつみたてNISAと相性が悪い!?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA