Flexi Gold S★

 

3つの告知事項がすべて[いいえ]の場合に申し込みが可能。

 

Flexi Gold S告知事項

問題1
最近3か月以内に受けた医師による検査、検診または診察により、 以下の①または②をすすめられたことはありますか。   ①入院※1または手術 ②ガン(悪性新生物※2または上皮内新生物)の疑いでの再検査・精密検査   ※1 入院日数にかかわらず、[治療のための入院][検査入院][教育入院]を含みます。 なお、正常分娩による入院は含みません。 ※2 白血病その他の血液のしゅようは悪性新生物に含まれます。  
A
はい
B
いいえ
問題2
過去1年以内に、病気やケガで入院※1や手術を受けたことがありますか。   ※1 入院日数にかかわらず、[治療のための入院][検査入院][教育入院]を含みます。 なお、正常分娩による入院は含みません。
A
はい
B
いいえ
問題3
過去5年以内に、以下①~③の病気と新たに診断されたこと(再発や転移を含みます)、 あるいは以下①~③の病気により入院※1や手術を受けたことがありますか。 ①ガン(悪性新生物※2または上皮内新生物) ②肝硬変 ③統合失調症、アルコール依存症、認知症   ※1 入院日数にかかわらず、[治療のための入院][検査入院][教育入院]を含みます。 なお、正常分娩による入院は含みません。 ※2 白血病その他の血液のしゅようは悪性新生物に含まれます。
A
はい
B
いいえ
問題は全部で 3 問。全て答えられるように頑張りましょう!

 

お申し込みにあたっては保障の対象となる方の健康状態や、ご契約に関わるお客様の情報に基づいて総合的に審査するので、

上記の項目すべてに該当しない場合でもご加入いただけないことがあります。

尚、入院中の方はいかなる場合もお申込できません。

 

告知内容が事実と相違していなときは、他の保険同様に契約が解除され、給付金などをお支払い出来ないことがあります。

 

2つ目の項目に該当する場合でも、その内容によっては加入できる場合もあります。

 

以下の特約については告知事項が追加されます。

・終身ガン診断給付特約(引受基準緩和型)・・・告知事項1つ追加

・終身介護保障一時金特約(引受基準緩和型)および終身認知症診断一時金特約(引受基準緩和型)・・・告知事項2つ追加

・三大疾病保険料払込免除特約(引受基準緩和型M用)・・・告知事項が1つ追加

 

 

 

取り扱い
入院給付金日額 3,000~15,000円の範囲で1,000円単位
契約年齢 20~85歳
保険期間 終身
保険料払込期間 60・70歳払込満了

または終身払

 

保険料払込方法(回数) 口座振替扱(月払・年払)、クレジットカード扱(月払)
備考 ★1年間の削減期間のない引受基準緩和型の医療保険

★通院保障、介護一時金など様々な特約が選べる

★三大疾病保険料払込免除の範囲が広い

★T-PECを始めとした医療相談サービスMetlifeClubが充実

 

Flexi Gold Sは日本の医療保険で初めて引受基準緩和型として、

ご加入から1年以内の給付金削減を廃止しました。

ご加入をしてすぐの入院や手術などでも全額お受け取りが可能です。

 

<保障内容>

主契約

入院給付金・・・1回の入院につき60日まで、通算支払限度1,095日※

※短期入院定額払特則を付加した場合は1回の受取を10日分とする

 

手術給付金・・・1回につき入院日額の10倍(入院中の手術)※

20倍も契約時に選択可能

 

外来手術の場合には日額の2.5倍

 

放射線遅漏給付金・・・公的医療保険制度の給付対象となる所定の放射線治療(血液照射は除く)

または先進医療に該当する放射線照射または温熱療法を受けられた時

60日の間に1回を限度

入院日額の10倍

 

骨髄ドナー給付金・・・免責期間、責任開始より1年間は保障されません。

骨髄ドナー(提供者)として所定の骨髄幹細胞

または末梢血幹細胞の採取手術を受けられたとき(1回限り日額の5倍)

 

先進医療給付金・・・10年更新。通算2,000万円までの先進医療にかかる技術料と同額

医療機関への直接支払対応

 

先進医療一時金・・・10年更新。先進医療給付金が支払われる療養を受けられた時。

5万円の支払い(60日に一度を限度)

 

特約/特則

 

・短期入院定額保障・・・入院の短期化に備えて、日帰り入院でも日額の10日分を受け取れる特則

11日目以降は日額に応じて受け取れます。

この特則を付加すると10日目までの日額はお支払いされたこととなり、日額給付金は重複して支払われません。

 

・健康祝金・・・最長90歳まで5年毎※に入院日額の10倍が受け取れる特則。

対象期間(5年)中に継続して10日以上の主契約の入院給付金のお支払いがなく、

5年毎の契約応当日の前日末に生存している場合。※5年と10年が設定可能

 

・介護一時金・・・公的介護保険制度要介護2以上と認定、

または所定の認知症・寝たきりによる要介護状態が180日継続した場合に支払いされる特約。

100万円(1回限り)

 

・認知症一時金・・・責任開始から180日の免責期間があります。

医師により初めて認知症と診断確定された場合に100万円(1回限り)が支払われる特約。

 

 

・通院保障・・・退院後180日以内の通院を1日目から保障する特約。通院による治療費や交通費、お薬代などの補てんに。

 

・三疾病入院延長・・・下記の三疾病についての入院日数を無制限として取り扱う特約。

責任開始以後に発病したガン(悪性新生物・上皮内新生物)、心疾患・脳血管疾患が対象

 

・ガン一時金・・・ご加入から90日の免責期間あり。日額の100倍まで。

責任開始から91日目以降に初めて悪性新生物と診断確定されたとき。

2年を経過した翌日以降も診断確定された悪性新生物の治療を目的として入院。

 

・三大疾病保険料払込免除・・・以下の三大疾病の状態に該当すると言後の保険料払込が不要になる特約。

 

保険料免除となる事由
悪性新生物 責任開始時の属する日からその日を含めて91日目(悪性新生物責任開始日)以後に、

悪性新生物責任開始日前を含めて初めて悪性新生物と診断確定されたとき

※上皮内新生物は対象外

心疾患 責任開始時以後に心疾患により開頭術、開胸術、開腹術、ファイバースコープ手術

または血管・バスケットカテーテル手術を受けられたとき、または、継続して20日以上の入院をされたとき

脳血管疾患 責任開始時以後に脳血管疾患により開頭術、開胸術、開腹術、ファイバースコープ手術または血管・バスケットカテーテル手術を受けられたとき、または、継続20日以上の入院をされたとき

 

・骨折一時金・・・90日間の免責期間あり。90日に1度かつ通算5回まで 1回につき5万円

高齢者の要介護状態の原因となりやすい骨折、骨粗しょう症などの病的骨折も保障の対象となる特約

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA