資産形成を始める前に今年こそ家計簿をつけよう!

いよいよ新しい一年が始まりましたね。

昨年大幅な税制改正がされて爆発的な人気となったiDeCo(個人型確定拠出年金)に続き、

2018年1月からは「つみたてNISA」がいよいよ始まりました。

話題に乗って「投資を始めよう!」という方が多いのはうれしいですが、

私はまず次の5つのことを確認してほしいと考えています。

資産形成をするために必要な5つのこと

①収入を把握する

②支出を把握する

③損益計算書(P/L)を作る(ライフプラン表の作成)

④貸借対照表(B/S)を作る(ライフプラン表の作成)

⑤ライフプラン分析に応じた資産形成・運用方法を検討する

 

①収入を把握する

収入は給与所得者であれば年収・月収を把握しやすいですが、

自営業者や経営者であれば事業計画を立てるところから始まります。

たらればではなく、具体的にどのようにして収益を上げるのか。

計画のないところに、行動はありません。

「計画とは目標達成のための行動予定である」と言われるほどです。

夢物語や妄想ではなく、実現できるという事業計画を立てることは

年始においてとても大切なことです。

年始に是非、一年後どうなっているかの目標設定を立てましょう。

 

②支出を把握する

第二段階として支出を把握する上で最も効率的なのは家計簿をつけることです。

家計簿というと古臭いと感じる方もいますが、急がば回れというように

支出を把握・管理することは収入を増やすのと同じか、それ以上の効果が期待できます。

攻めも守りも資産形成には欠かせません。

またiDeCoやつみたてNISAなどの「積立(累積)投資」は

時間を味方につける投資のため、継続する力(習慣)が不可欠です。

 

 

支出が多いと資産形成において次の3点の問題があります。

・支出によって積立投資が中断されやすくなる

・無理なく続けられる積立額が不安定(少なく)になる

・支出は管理しないと増えてコントロールできなくなる

私は現時点でFPとして7年、投資に関しては既に15年やって来ましたので、

実に様々な顧客の資産状況を見てきました。

例外なく支出を把握できない資産形成は長く続きません。断言できます。

折角始めた資産形成を中断することほど、勿体ないことはありません。

中断はすごろくにおける「ふりだしに戻る」と同じような状態です。

無理なく継続できる、または何があっても続ける覚悟が必要です。

家計簿アプリでまずは支出を把握しよう

近年はスマートフォンの普及に伴って様々な家計簿アプリが登場しています。

 

様々ありますが、家計簿に挫折したという人の84%が継続できると人気のアプリが「Zaim」です。

 

 

人気の家計簿アプリに「MoneyFoward」(マネーフォワード)もありますが、

私は下記の点であまり長く使うには良くないと考えています。

①過去1年以上前の履歴を見るのが有料サービス

②起動が遅い、金融機関連携エラーが多い、支出の反映が遅い

③週間レポートや項目カスタマイズがしづらい

 

使いこなせれば大変便利なサービスであることは確かですが、

色々な機能をつけすぎてかえって不便というのが私の印象です。

 

その一方でZaimはスマホアプリというデジタルと、

入力方法のアナログ感があり、直感的な操作が可能です。

また基本的なサービスがすべて無料、起動がスムーズ、カスタマイズがしやすいなど

マネーフォワードにはない使い勝手の良さがあります。

 

共働き世帯にもうれしい機能があるZaim

 

近年は結婚をしても働き続ける夫婦も増えています。

家計については夫婦で完全にお財布を一つにまとめる方たちと、

共通の支出をそれぞれが負担するお財布が別々な方たちがいます。

 

家計の支出を把握する上ではいずれの場合でも

家計簿をそれぞれが記録する必要があるのですが、

Zaimではそれぞれが記録している家計簿データを夫婦で共有できる機能があります。

 

マルチ端末対応の利便性

スマホで家計簿を記録できるのはとても便利ですが、

スマホは画面操作などが大まかに作られており、まとめてデータを入力するなどの

作業効率ではパソコンやタブレットに及びません。

Zaimは同じメールアドレス(ID)を利用することで、複数の端末からのログインも可能です。

パソコンで入力して、スマホで見るという使い方も柔軟にできる点でも大変優れています。

 

柔軟にカスタマイズできる利便性

 

自分のお金の使い方によってはこの項目は使わないなどがあります。

逆に標準設定のカテゴリにはないけれど、この支出は把握しておきたいというものもあります。

またよく使う項目を入力しやすい場所に配置するなどのカスタマイズもZaimは可能です。

よく利用するお店なども支出ごとに登録できるので、支出を振り返る際にも重宝します。

貯金ゼロから年100万円の貯蓄もできた方も

私がZaimを使い始めて7年が経ちますが、

その間に私は顧客を含め様々な方にZaimを紹介してきました。

その中でも貯蓄が一年間でゼロだった女性が、Zaimで家計簿管理を始めて

わずか一年で貯金100万円できるようになったほどです。

 

家計の支出が把握できなければ、貯蓄を増やすことは困難です。

貯蓄が出来なければ資産形成にどれだけのお金を回せるのかも把握できません。

是非、家計簿が続けられないという方は

今年はZaimで家計簿をつけられるようになってみませんか?

 

関連記事

  1. 保険料の支払方法によっては保険料控除証明書が届かない

  2. マーガレット・サッチャー首相

    イギリスで誕生した投資助言業IFAとは

  3. NN生命が法人保険向けリビング・ニーズ特約を解禁!

  4. 携帯代を払いすぎ?携帯料金の仕組みと格安SIM

  5. 経済と年収の基本がぎっりしの一冊は投資にも役立つ

  6. 保護中: 【非公開記事】変額保険vs投資信託 ソニー生命の世界株式型の運用は投資信託とどう違うのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA