保険の歴史3~日本での生命保険の普及

欧米では工業化の流れを受けて近代生命保険が誕生・普及した一方で日本では明治維新によって開国されるまで「保険」という概念が存在しませんでした。

今回は生命保険文化センターが2018年に明治150周年を記念して作った資料から振り返っていきたいと思います。

日本での生命保険誕生は欧米文化の紹介から

幕末に渡米・渡欧を経験した後の慶應義塾大学の創設者となる福沢諭吉は、1867年(慶応3年)に帰国して『西洋旅案内』を執筆。そこで海外の様々な病院や銀行・郵便・徴兵制や議会や選挙制度、文化や食習慣について紹介しました。(福沢諭吉さんが一万円札の人物として変わらずに描かれているのはそれだけの功績があるからなんですね)

福沢諭吉が紹介したことでその後に日本に定着した洋食の代表格カレーライス。

福沢諭吉は著書の中で「不確実な経済的損失を分け合う仕組み」として『請負』(現在の保険)を紹介します。

海上請負、火災請負などの損害保険と同時に「人の生涯を請合う事」として生命保険についても紹介しています。

『保険の法は人の品行(ひんこう)廉恥(れんち)にも与(あずか)りて力あるものと知るべし。(保険は人類の英知の結晶である)

その後、福沢諭吉門下生である阿部泰蔵らによって明治14年(1881年)に日本で最初の生命保険会社、有限会社明治生命保険会社(現明治安田生命)が設立されます。

福沢諭吉は明治生命の契約者となり、現在も加入時の健康診断結果が明治生命には残っています。(当時としてはかなり大柄な体格だった様子、身長173㎝ 体重70.25㎏)

明治生命創業者の阿部泰蔵

 

しかし設立されたばかりの生命保険は世間に十分に認識されておらず「人の命を懸け事の対象とするとはなんということだ」と賭博と誤認する者や、「生命保険に加入するなんてもったいない。そのお金で何か物を買った方が良い」という人までいたそうです。

今でも時々いますよね、生命保険を「宝くじ」のように言う人。

明治時代を代表する有名な小説「吾輩は猫である」(夏目漱石著)の中にこの生命保険についての当時の会話が残っています。

明治時代の生命保険会社の設立

日本で生命保険会社はその後、明治時代に43社が誕生します。

明治14年(1881年) 明治生命(現 明治安田生命)※英国の生命表を用いて保険料を設定した
明治21年(1888年) 帝国生命(現 朝日生命)
明治22年(1889年) 日本生命※日本人の生命表作成して初めて保険料を算定した保険会社
明治26年(1893年) 名古屋生命(現 太陽生命)
明治27年(1894年) 共済生命(現 明治安田生命)
明治35年(1902年) 大同生命
明治35年(1902年) 第一生命※初の相互会社
明治37年(1904年) 千代田生命(現 ジブラルタ生命)
明治40年(1907年) 日之出生命(現 住友生命)

社名を変え、合併などを経て現在に続く保険会社の歴史は明治時代に多くは始まったことが伺えますね。

当時の人はどのような保険に加入していたのか

前述の夏目漱石の「吾輩は猫である」の中に登場するようにまだ十分に認識されていない生命保険の必要性を保険会社は啓蒙し、地主や実業家、銀行や地方の名士が代理店となってもらいながら普及を進めていきました。

当時は、というか現在もそうですが終身保険や養老保険などの貯蓄性の保険に偏った加入の仕方を日本人はしていたことが記録に残っています。

これは家族制度や家長制度が根強く、また親族付き合いも今よりも密接だったために不慮の死が訪れたとしても親族間で助け合う風習が日本には元々あったためだったと考えられています。

現在も親の介護や病気になった時には収入がある親族が支える扶養義務がありますが、寄りかかられる側からするととんでもなく迷惑な話です。自分のことは自分で守るという考え方に成り立てば自助努力のために保険を活用するのは現代の感覚により近いと言えるのかもしれません。

どんな人たちが加入していたのか?

官吏というのは現在で言うところの官僚や公務員です。また最も多いのが銀行や商人など比較的所得の高い方が多かったようです。

 

日本で最初の保険金支払いは警察官の遺族へ

明治14年8月8日に神奈川県警初代部長だった川井久徴が終身保険へ加入。

明治15年1月27日、心臓発作で亡くなり保険金1,000円(現在の価値で380万くらい)を遺族が受け取ったそうです。(保険料は1回30円≒現在の価値にして114,000円だけ支払われたと記録されているので年払契約だった?)ちなみに川井さん、1月14日に初代部長に昇進したばかりだったとか…( ;∀;)

この保険金支払いは新聞でも当時報道され、当時の人はたった一度の支払いで支払った以上の大きな保険金が支払われたことを驚きと共に受け止めたそうです。

この新聞報道があった1月31日を日本では『生命保険の日』として、保険の在り方について確認をする記念日としています。

 

明治時代の事業としての収益性

明治時代はピーク時に43社の保険会社が存在しており、年間271,000件の新契約、売上高に当たる保険料収入は現在の価値(約3,800倍)にすると826億円相当の市場規模を誇っていました。(支払い保険金と相殺しても612億円超が保険会社に残る計算になる)

黎明期とはいえ、多額の資金が保険会社に集まりその資金が鉄道網の整備などのインフラ整備に使われていった歴史は欧米と共通だったと考えられます。

 

法律による体制整備の確立

明治23年(1890年)に保険契約及び保険監督に関しての商法が誕生し、明治33年(1900年)3月に保険業法が施行され、免許制・株式会社と相互会社の規制、生命保険・損害保険会社の兼業禁止などの近代まで続く法整備が進められました。

その後、幾度かの戦争などの激動の時代を経て日本の生命保険業界は大きな転換期を迎えますが、それはまた別の機会に。

参考:生命保険協会『明治150周年 明治時代の生命保険事業について』

 

 

Related posts

  1. ゆりかごから墓場まで〜財政破綻寸前まで追い詰められた80年代の英国に倣う変額保険の魅力

  2. 保険の歴史2~近代生命保険会社の誕生と機関投資家としての役割

  3. 保険の歴史1〜損害保険から始まったリスクを予め分け合う知恵と生命保険誕生

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.