メディフィットRe(リリーフ)★

 

3つの告知項目がすべて[いいえ]なら申し込みが可能※

メディフィットリリーフ 告知事項

問題1
  最近3か月以内に、医師に入院※1手術※2先進医療を勧められたことがありますか?   ※1傷病や疾病の検査のための入院も[はい]となります。 ただし、正常分娩による入院を除きます。   ※2[手術]とは器具を用い、お身体に切断・摘除などの操作を加えるものすべてを指します。 日帰り手術・傷病による手術の場合も[はい]となります。 【手術例】帝王切開・内視鏡手術・レーザー・ファイバースコープ・カテーテル・超音波による手術  
A
はい
B
いいえ
問題2
過去2年以内に、入院※1をしたことまたは手術※2を受けたことがありますか。 (現在、入院中である場合を含みます。)    ※1傷病や疾病の検査のための入院も[はい]となります。 ただし、正常分娩による入院を除きます。 ※2[手術]とは器具を用い、お身体に切断・摘除などの操作を加えるものすべてを指します。 日帰り手術・傷病による手術の場合も[はい]となります。 【手術例】帝王切開・内視鏡手術・レーザー・ファイバースコープ・カテーテル・超音波による手術
A
はい
B
いいえ
問題3
過去5年以内に、がん肝硬変慢性肝炎で、医師の診察・検査・治療・投薬※3を受けたことがありますか。
がんには以下を含みます。 上皮内がん※4・肉腫・白血病・悪性リンパ腫・悪性腫瘍・悪性新生物・骨髄異形成症候群・カルチノイド・悪性GIST(消化管間質腫瘍)・子宮頸部高度異形成(膣部、外陰部を含みます。)
※前記の病気の疑いがあると医師に指摘された場合は[はい]になります。 (ただし、検査を受けた結果、前記の病気ではないことが明らかになったばあは[いいえ]になります。)   ※3 病院や診療所で薬の処方のみを受けた場合を含みます。 ※4 上皮内がんとは、がん細胞が上皮内(大腸(結腸・直腸)の場合は粘膜のなか)にとどまっており、それ以上浸潤していない初期のがんのことをいいます。
A
はい
B
いいえ
問題は全部で 3 問。全て答えられるように頑張りましょう!

 

 

取り扱い
入院給付金日額 3,000~10,000円の範囲で1,000円単位
契約年齢 20~85歳
保険期間 終身
保険料払込期間 60・65・80歳払込満了(最短5年払)

または終身払

 

保険料払込方法(回数) 口座振替扱(月払・年払)、クレジットカード扱(月払)
備考  上皮内がんもがんと同額

 

 

<保障内容>

主契約

入院給付金・・・1回の入院につき60日まで(通算1,000日まで)

日額3,000~10,000円(基本給付金額)/日帰り入院から入院日数に応じて支払

がんによる入院は支払日数無制限

手術給付金・・・入院中・外来を問わず公的医療保険制度対象手術※4を保障

手術Ⅱ型 手術Ⅰ型
入院中 三大疾病で

入院中の手術

(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)

開頭術・開胸術・開腹術※5

例:くも膜下出血による開頭術、

胃がんによる腹腔鏡手術

入院日額×40倍 入院日額

×10

上記以外

例:皮膚がんによる

がん細胞切除術

入院日額×20倍
上記以外の病気・ケガで入院中野手術 開頭術・開胸術・開腹術

例:虫垂炎による腹腔鏡手術、

帝王切開による開腹術

入院日額×20倍
上記以外

例:白内障による手術

入院日額×10倍
外来 病気・ケガで手術 例:子宮頚管ポリープ、

ものもらい(麦粒腫切開術)、

巻爪(陥入爪)による手術

入院日額×5倍

 

※4傷害または疾病により、公的医療保険制度に基づく医科診療報酬点数表において

手術料の算定対象となる手術を受けられた時に支払いとなります。

ただし、[傷の処理][切開術][抜歯手術][骨、軟骨または間接の非観血的またはと主的な整復術、

整復固定術および授動術][異物除去][鼻焼灼術][魚の目、タコ手術後縫合]はお支払い対象となりません。

※5

開頭術・開胸術・開腹術には尖頭術・胸腔鏡手術・腹腔鏡手術を含みます。

 

 

放射線治療・・・病気・ケガによる放射線治療を保障(60日に1回のお支払い限度)

入院日額×10倍

総線量(グレイ数)による給付の制限はありません。

 

骨髄移植術・・・病気による骨髄移植を保障

入院日額×10倍

※骨髄提供者(ドナー)は給付金のお支払い対象となりません。

 

特約

先進医療保障・・・先進医療による療養を一生涯保障

①通算2,000万円限度

②先進医療給付金(技術相当額(自己負担額))+先進医療一時給付金5万円をお支払い

③保障は一生涯(終身)

 

 

<引受緩和型医療保険の注意事項>

契約から1年以内の病気による手術を受けた場合には給付金額が当初契約の給付金額の50%までしか支払われません。

ご契約に際しては商品パンフレット、及び約款などの公式な資料を参照の上、給付要件・給付金の支払われない事例などをご確認ください。

 

※被保険者の健康状態のほか、職業・メディケア生命での過去の契約状況などを総合的に判断した結果、加入できないこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA