付帯サービスT-PECのサービスがスゴイ!

前回は民間の医療保険に付帯しているサービスT-PECが

どのような経緯から誕生したのかを紹介しました。

今回は具体的なサービすの内容についてご紹介していきます。

医療付帯サービス

提供されているサービスは実に多岐にわたります。

下記はその代表的なサービスの一例をご紹介します。

ⅰ.健康生活ダイヤル24

ⅱ.ベストホスピタルサービス

①セカンドオピニオン

②受診手配・紹介サービス

ⅲ.医療関連情報サービス

ⅳ.ガン総合サポートサービス

粒子線治療サポート

ⅴ.糖尿病総合サポートサービス

ⅵ.メンタルヘルス関連サービス

 

ⅰ.健康生活ダイヤル24

□健康相談

 

 

・不意の怪我、応急処置はどうしたら良いか?

・飲んでいる薬の副作用は?

・家族の介護のことで相談をしたい

・夜中に赤ちゃんが熱を出した、どうしたら良いの?

・ストレスがたまって精神的にまいっている

気になる身体の不調、健康の保持・増進についての相談やどんな病気が考えられるか。

どんな注意が家庭でできるか、何科を受診するべきかなど保健師・助産師・看護師・心理カウンセラー・ケアマネージャーなど専任のヘルスカウンセラーが電話でわかりやすく、365日24時間体制で対応してくれるサービスです。

 

□医療相談

 

 

医師・看護師が24時間・年中無休で常勤し対応。

病気に関する詳しい説明や治療・検査について、

最新の治療法に関することや検査データの説明などをアドバイス。

 

□介護相談

 

 

介護を必要とする方の居るご家庭で、介護を受ける方だけでなく、

介護をされている方にもかかる大きな負担。

施設介護、在宅介護、通所介護の利用など介護の状況に合わせて感じている不安を

ケアマネージャーなどの有資格者がアドバイス。

 

□育児相談

 

妊娠・出産・母子保健・育児・家族計画などの相談に

保健師、助産師、看護師、産婦人科・小児科の医師などがアドバイス。

小さなお子様を抱えた御両親やこれから母親となる女性にとってのホットラインを提供。

 

□メンタルヘルスの相談

 

身体だけでなく、心の健康も欠かすことが出来ない時代。

ストレスや不安を引き起こす原因、対処方法などについて心理カウンセラーを始めとする

メンタルヘルス専門家が電話または面談で相談に応じます。

 

ⅱ.ベストホスピタルサービス

□①セカンドオピニオン

 

利用者の約8割はガンに関する相談というほど、ガンと診断されたときに

多くの方は情報を求めています。

インターネットが普及した現在でも治療方法の妥当性や使われている薬の有効性など

一般の方にはなかなか分からない点があります。

現在の診断に対する見解や今後の治療方針・方法などについて二つ目の意見を電話で聞く、

または面談を行うことができます。

 

□②受診手配・紹介サービス

 

専任スタッフが総合相談医との面談を手配。

面談によるセカンドオピニオンの結果、より高度な専門性が必要と判断した場合には

優秀専門臨床医が紹介されます。

また主治医のもとでは対応出来ない治療法や手術方法が必要などの場合には、

手配・紹介先の医療機関にその専門分野の医師が在籍し治療可能な場合に、

受診の手配や紹介をします

 

ⅲ.医療関連情報サービス

 

日本全国(約16万件)の専門病院、大学病院、地域の病院、クリニックなどを無償で検索が可能。

専門医療検索で内科系、小児科系、産婦人科系、耳鼻咽喉科系・眼科系・整形外科系・外科系・歯科系・泌尿器科系・皮膚科系・脳神経外科系・麻酔科計・循環器科系を検索が可能。

メンタルヘルス・人間ドックは専用ページで検索可能。

先進医療に関する情報を検索できます。

本サービスはどなたでも無料で下記ページより利用可能です。

http://t-pec.jp/mw/modules/tpec/index.php

 

ⅳ.ガン総合サポートサービス

がんについて基本的な質問に答えてほしい、主治医から説明されたがんに関する医学用語を解説してほしい、主治医から勧められた治療法の内容を教えてほしい。

医師または、ガンに関する電話相談及び面談によるセカンドオピニオンを手配した経験を持つ専門スタッフが「がん」に関する様々な質問に答えます。

 

粒子線治療サポートサービス

がん治療の選択肢の一つにある「粒子線治療」

医師から提案されることはなく、患者からの期待の大きい粒子線治療に関して相談をすることが出来る数少ない窓口です。

総合相談医が面談をして、粒子線治療への適応を判断した場合には、粒子線治療を実施する医療機関を紹介します。

 

ⅴ.糖尿病総合サポートサービス

 

40代以上の約4人に1人が糖尿病かその予備軍と言われています。

健康診断の結果、血糖値の数値が高い。血糖コントロールがうまくできない、専門医に診てもらいたい、合併症が心配・・・

自覚症状がなく、治療をしないで放置をすると一人の例外もなく足えそ、人工透析、失明へと至る糖尿病。

糖尿病に関する様々な質問に答えるサービスです。

日本では糖尿病専門医は医師免許28万人に対してわずか2%ほど。

糖尿病治療において高い専門性を有している優秀糖尿病臨床医紹介や、専門医療機関を案内します。

 

ⅵ.メンタルヘルス関連サービス

 

電話または面談によるカウンセリングを行っています。

相談者の抱えている様々な問題について専門のカウンセラーが主に言語的な関わりを通じて、

問題解決に向けてサポートするサービスです。

・話を聴いてもらうことで、こころの浄化(スッキリ)ができる

・話すことによって、問題点が整理できたり、気づきを得る

・別の観点・考え・見方を得ることが出来る

・必要な情報を得ることが出来る

・話を(自分を)理解してもらことで孤独感や不安感から救われる

《電話》

9:00~22:00(年中無休)

《面談》

平日9:00~21:00/土9:00~16:00(日祝・年末年始を除く)

利用回数:年3回まで無料(1回50分)※4回目以降はお客様負担

料金について

T-PECへ加入するには通常入会金54,000円、月会費10,800円。

入会金を除いても、年間で129,600円かかります。

生命保険会社が提供する付帯サービスの場合、各社の医療保険に加入しているとサービスを利用可能です。

また同じT-PECが提供しているサービスでも生命保険会社・加入する商品によって提供内容は異なります。

下記のものは主な保険会社のT-PEC提供サービスを比べてみました。

検討される際の参考にしてください。

X社 F社 O社 M社 A社
健康生活ダイヤル24 被・家 被・家 被・家 被・家※  被・家
ベストホスピタル

サービス

 

セカンドオピニオンサービス(Tel/面談) 被※  被
受診手配
紹介サービス(面談時のみ)  被  被※
ガン総合サポート

サービス

 

ガン電話相談ダイヤル  被
ガンセカンドオピニオン  被  被
粒子線治療サポートサービス  被
生活習慣病支援

サービス

糖尿病に関する質問・相談  被
高血圧・脂質異常症などの生活習慣病を改善する相談
メンタルヘルス関連サービス  被  被

表中の『被』は対象者が被保険者、『家』は対象者が同居の家族まで

※特定保険のサービス提供範囲

 

本コラムは2017年5月1日時点のものです。

サービス内容は予告なく変更または中止になる場合があります。

生命保険会社によってはT-PEC以外の医療付帯サービスを提供している会社や

日常でも使える映画・宿泊などの割引・優待サービスを提供している会社、

T-PECと併用して提供している会社もあります。

保険を見直す際には自分に合った保障内容、保険料、保険期間を選ぶと共に、

そこに付帯するサービスも併せて比べてみてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA