,

法人保険の脱税行為に金融庁と国税庁が動き出した?フェニックスの業火に焼かれて退場するのはあの会社?

金融庁が企業の決算対策として保険料の全額または半額を経費参入として認めている商品に対して警鐘を鳴らしているらしいです。 ここ数日、当ブログの法人保険の決算対策についての過去の記事のアクセス数が増えたので改めて法人保険の何
, , ,

住宅ローンの繰上返済はしない方が良い場合も!低金利を味方に有利な資産運用を探る

日本では長らく超低金利の時代が続いています。 バブルの頃は住宅ローンの金利が今と比べると非常に高く、最盛期にローンを組んだ人の中には8%を超える高金利だった時代もあります。 バブル崩壊後、日本の経済を活性化するために引き
, , , ,

親孝行のつもりが親の税負担増!大学生のアルバイト

大学生の子どもを持つ親にとって、子育て期間中で最も家計の苦しい時期とされている大学4年間。 日本では18歳になれば選挙権もあり、成人とお酒やタバコ、年金加入を除けばほぼ大人扱いされます。 学費を出してくれる親(家計)の負
, , ,

法人保険にドル建定期保険が登場!保障への原点回帰なるか?

日本で初の外貨建て保険が発売開始されてから今年で20年目となります。 発売開始当初は年金保険からのスタートでした。その後、円建の生命保険と同じように終身保険、養老保険が出て気がつくと現在はほぼ全ての保険商品が外貨建てで販
, ,

決算対策の法人保険にご用心!名義変更プランが今年から危険に!

久しぶりに企業の法人保険(契約者が法人、役員や従業員が被保険者となる契約形態の保険のこと)について書きたいと思います。 3月が官公庁などの年度末ということに合わせて、企業でも3月末を決算としていることがあります。 1年を
, , , , , ,

得てもいない利益への非課税よりも損失回避が大切では?

金融庁主導の「つみたてNISA」、 ニュースなどでも取り上げられ簡便な特徴だけを取り上げ、 良いことしか言わない風潮に私は恐怖を感じています。 「え?NISAと何が違うの?」 「より少額から、より沢山、積立ができる仕組み