, , , , ,

積立王子の懸念、インデックス投資は一周回って陳腐化してしまっているという事実

積立王子という愛称を公言している中野晴啓はつみたてNISA対象商品151本の内、わずか17本しか選ばれなかった数少ないアクティブ型投資信託を2本運用するセゾン投信の社長です。 中野氏は投資に関しての著書をいくつか出してい
, ,

今年は一般NISA活用のラストチャンス!?販売チャネルで異なる人気ラインナップとつみたてNISAのコンセプト崩壊の懸念

「ファンドマーケティング」という投資の世界の業界誌があります。 業界誌と言っても季刊誌で、創刊してまだ44号です。 3ヶ月に一度ですから1年で4回、10年ほどの歴史でしょうか。 この雑誌の良いところは証券会社だけでなく、
, , , , ,

アクティブvsインデックス 強みを発揮する相場の違いとアクティブシェア

つみたてNISAやiDeCo、変額保険など私たちの資産形成手段として投資信託はこの数年で投資初心者にとっても身近な金融商品になりつつあります。 投資を長らくしてきた方にとっては今更な感じがあるかもしれませんが投資手法の違
, , , , ,

間違いだらけの子どもの教育資金の準備方法③

さて前回、前々回と子どもの教育資金の積立について無理なく積立が可能な額や期間を把握するキャッシュフロー分析と、その結果を元に準備手段として預貯金や債券、学資保険や個人年金などの保険を活用した方法のメリット・デメリットをご